家にあるモノを収納するコツを教えます

保存・保管ナビ

保管・収納

着物の保管・収納はコレだけ知っていれば安心!狭い家でも安心

更新日:

1.着物の保管に大敵なものと、予防法・対処法

着物の保管に大敵なものは、1番は湿気です。

湿気によってカビが生えて着物地が傷んでしまいます。高温多湿な日本なのでかなり注意して保管しなければいけません。

そして虫くいですが、正絹の着物ならほぼ心配ありませんが、ウール素材の着物は虫に食われてしまうことがあります。これはセーターと一緒です。

天然成分の防虫剤を使って保管しましょう。また、化繊の洗える着物も虫の心配はありません。

正絹は正絹で、ウールはウールで、と同じ素材同士でまとめておくと防虫剤の種類が統一できて保管するのに楽です。

そして防虫剤や乾燥剤などは1種類にまとめておかないと薬剤が化学反応を起こしてしまって変色や変な臭いがしてしまうので注意して使用しましょう。

着物は日光にあたると色があせてしまうので、必ず日光のあたらない日陰の場所に保管してください。

防虫剤・乾燥剤、そして日光にあてない。それらをきちんと守って保管すれば着物は耐用年数がなくいつまでも着ることができます。

2.着物の保管ケースに最適なものは?

着物の保管に最も適しているのは桐タンスや桐箱、和ダンス、もしくは収納ケースです。

桐の素材には独自の防虫成分が含まれていて、天然木には自然の調湿作用もあります。湿気を寄せ付けにくく、防湿効果も優れています。

そして桐は燃えにくいので高級な着物を収納するのに適しています。もし、それらがない場合は桐製ではないタンスやクローゼットでもいいです。

ただし、湿気や臭いがこもりがちなので天気のいい日は扉を開いて湿度を調節してあげてください。

収納ケースに収納する場合も湿気に気をつけてください。収納ケースはポリエチレン製やダンボール製のものが多いですが、通気性が悪く湿気がこもりがちになります。

半透明のプラスチックケースの方がよいです。ただしこの場合でも、定期的にフタをあけて通気させるようにしましょう。

ダンボール製に至ってはダンボールが湿気を吸ってしまうということがあります。

なのでこれらのケースに着物を入れて保管する時には湿度に特に気をつけなければいけません。最悪の場合、カビが生えたりして着られなくなることがよくあります。

3.着物の保管・収納の手順(たたみ方・しまい方)

着物を保管・収納する前にはお手入れをする習慣をつけることをオススメします。

お手入れするのとしないのとでは保管後の着物の状態が、かなり違います。

手順としましては、まずは汚れがついていないかをチェックします。汚れたまま保管してしまうとシミになってしまうので着られなくなります。

洗濯が可能な着物なら洗濯をすることをおすすめします。洗濯表示を必ずチェックして、洗えるかどうかの確認は必須です。

ウールの着物はウールが洗える洗剤を使い、他はおしゃれ着洗いに売っている中性洗剤を使いましょう。

ネットにたたんで入れて、ドライコースで洗濯をします。普通の洗濯コースやアルカリ性の洗剤を使ってしまうと色落ちの原因になります。

あとは汚れの部分だけ落とす部分洗いもあります。

汚れの種類によって違うのですが、着物をこすらずにとんとんと軽くたたいて汚れを落とします。

そしてハンガーにかけて陰干ししたあと、着物をたたむんですが、「本だたみ」という着物独自のたたみ方があります。

あとは簡単な「袖だたみ」、長襦袢をたたむ「襦袢だたみ」などもあります。着物屋さんや着付け教室の先生が1番詳しいですが、ネットの動画でも見ることができます。

▼▼袖だたみ▼▼

▼▼襦袢だたみ▼▼

収納したあとも年に1、2回はお手入れしましょう。湿気の少ない日に虫干ししてあげるといいでしょう。理想は晴天続きの冬の日、午前10時~16時です。

4.着物の収納場所はどこが良い?

着物の収納場所は桐タンスや桐箱、和ダンスが一番適しています。

ですが、設置場所が湿気が多い場所だと桐が持つ優れた調湿作用が効果を発揮しなくなってしまいます。

台所や浴槽に近い場所、そして直射日光があたる部屋はやめましょう。

直射日光があたらない、換気のしやすい部屋を選び、壁にべったりとくっつけずにタンスを置くようにしましょう。

タンスがない場合の収納は?

桐タンスがない、もしくは置けない人は収納ケースや着物の保存袋を使うのもいいでしょう。

中には1枚の袋の中に3枚入れられるようになっているものもあって、着物・長襦袢・帯をセットにして保管すると着る時に迷わずに済みます。

収納ケースに収納する場合は、必ず防虫剤と乾燥剤を使うようにしましょう。

また、場所がないからといってベッドの下に収納するのはやめましょう。ベッドの下は湿気がこもりやすいので着物が傷みます。

ただし、頻繁に着る場合にはベッドの下に収納していても問題はありません。着る前には必ずハンガーにかけて虫干しすることをお忘れずに。

5.不要な着物を断捨離するコツ

着物を着る機会がなかったり、着ない着物が増えた場合にはダメにしてしまう前に断捨離をした方がいいです。

断捨離の仕方は色々ありますが、着物の買取を利用するのもいいのではないでしょうか。

出張買取や宅配買取もありますが、自分でお店に持って行って買取をしてもらうのもいいです。目の前で査定してもらえると質問もしやすくなります。

たんすの上にたとう紙のまま保管しても大丈夫?

たんすの上にはたとう紙に入れていても保管しない方が着物のためにはいいです。

たとう紙には湿気を防ぐ機能はありますが、たんすの上では湿気や日光など着物の大敵になるものが多いです。

なるべくたんすの中か収納ケースの中に入れて保管する方がいいです。そしてたとう紙は年2回ぐらい交換しましょう。

5.着物を保管する、ちょっとしたコツ

[aside type="warning"]

・段差がある部分にたとう紙をはさむ→シワ防止

・本たたみではみ出た衿先は、内側に折ると使う時に崩れない

・大事な着物は「たとう紙」ではなく、「木綿風呂敷」につつむ

・値段が高くないカジュアルに使う着物であれば、防湿剤を敷いた収納ケースに本だたみしてもOK
[/aside]

"この記事が気に入ったらシェアしよう"

-保管・収納

Copyright© 保存・保管ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.