家にあるモノを収納するコツを教えます

保存・保管ナビ

保管・収納

古い着物を処分するには何がベスト?買取やリサイクルはできるの?

更新日:

着物を売る・買取りしてもらう方法

オークション

インターネットオークションで着物を売ることが最近増えてきました。自分自身が売りたい価格で出品出来るので、落札者さえいればその金額を手にすることが出来ます。

しかし、登録料や落札された時に手数料や利用料などを取られてしまいます。

リサイクルショップ

色々な商品を取り扱うリサイクルショップでも着物の買取はありますが、店員さんに着物の深い知識や価値をわかっている人が少なく、本来の価格よりも低く見積もられてしまう可能性があります。

安くてもいい、という人なら利用してみてもいいかもしれません。

着物買取専門店

着物に関する多岐にわたる販路を持っているので、着物が多少汚れていても古くても査定対象になります。

熟練した査定技術を持っているのでカビが生えてしまったり破れてしまっている着物や帯でも値段を出してくれる場合があります。

質屋

質屋もリサイクルショップと同じで着物に関する知識や査定技術を持っている人は少ないので、低く見積もられてしまう可能性があります。

こうして見ていると一番おすすめなのはやはり、着物買取専門店です。着物をきちん知っている人に査定してもらって買い取ってもらいましょう。

そして、高く買い取ってもらえる着物は正絹の着物で訪問着です。訪問着は着る場面を選ばないので高く買い取られます。

古い着物をリメイクする方法

着物は直線裁ちなので、ほどくと長細い布になります。アイデアと裁縫の技術をさえあれば、いくらでもリメイクすることが出来ます。

トートバッグ、足袋ケース、鼻緒、両袖を使った大きな肩掛けバッグ、帯をリメイクしてタペストリーや鏡カバーなど。振袖を訪問着にリメイクし、残布を利用してみてコインケースやウールの着物でリバーシブルの半幅帯にリメイクしてみたりといくらでもリメイク可能です。

そして、リメイクする時に気をつけたいことは生地の強度を確認することです。

見た目ではわからない痛みなどがあるので、解いて洗い張りして確かめて見る必要があります。あとは素材にあったものにリメイクすることです。

帯地はわりと丈夫なのでバッグなどに、生地のやわらかそうなものはストールなどにするといいです。

裁縫が苦手な人や着物でリメイクしたことがない人は教室などに通ったり、得意な人に習ってみるといいでしょう。着ない着物もリメイクして使えるものにすれば違ったかたちで身につけられるようになります。

古い着物を捨てるのはアリ?

古い着物を捨てる時にはまず着物買取専門店に持って行ってみましょう。もしかすると価値のある着物かもしれませんし、値段がつかないとしてもそのまま無料で引き取ってくれるケースがあります。

もし、ごみに出す場合、自治体によってごみの分別が違うので確認してから捨てるようにしましょう。

燃えるごみで捨てられる自治体もあれば、粗大ごみでないと捨てられない自治体もあります。なのできちんと自分の住んでいる地域の自治体の分別方法を確認してから捨てましょう。

捨てるのもったいないな、と思ったり使えそうな生地であればリメイクするのもありです。

着物の柄は可愛かったり上品な柄が多いので小物やバッグなどにしたり、タペストリーなどにして壁に飾ったりするのもありです。

自分ではリメイクしない方はネットオークションに〝汚れ・痛みあり〟ときちんと表記をして出すのも一つの方法です。するとリメイクをする方が落札してくれることがあります。

着物の種類別、おすすめの処理方法

七五三の着物

七五三の着物は流通量は少ない上、祖父母が張り切って作るので高価なものが多くて買取価格もわりと高値になります。

なので着た後は買い取ってもらうのが一番得でしょう。オークションやフリマアプリなどにも最近あるので出してみるのもいいでしょう。その時に帯・帯揚げ・草履・髪飾り・バッグをまとめて出すといいでしょう。

婚礼礼装の着物

婚礼礼装の本振袖は裾を引きずる豪華な振袖ですが、着る機会はおそらく一度だけです。なので大切に取っておいても二度と着る機会は来ません。

そして娘のために取っておいても汚れたりすると着られません。それにデザインが変わっていると着るのに抵抗があったりするので一式買い取ってもらいましょう。

紋付の着物

本来紋付とは自分の家や実家の家紋を入れるものですが、最近ではレンタルなどで自分の家紋と関係のない紋付の着物を着る人が増えています。

ですが、家紋がついていると買取価格が少し下がる可能性がありますが、ごみに出すことを考えると買取価格が少なくても引き取ってもらえるので楽です。(その他)喪服などもやはり着物買取専門店で買い取ってもらうことが一番です。

処分に困った場合の、一時的な保管収納法

処分に困るのならさっさと買い取ってもらいましょう。自分で着物買取専門店へ持ち込んでもいいですし、近所にお店がないという人は出張買取もあるので査定してもらいましょう。

それまでは今まで通りに汚れないように保管しましょう。

断捨離する心構え・コツ

着ないと思ったものは即断捨離します。亡くなった祖母や母の形見などは断捨離しにくいので取っておきがちですが、保管しておいて朽ちてしまうほど寂しいものはないので買い取ってもらうか、リメイクして持ち歩けるようにしましょう。

着物を寄付することはできる?

着物を寄付する会社があるので出来ます。問い合わせて説明だけでも聞いてみるのもいいと思います。

リメイクするのが好きな人はリメイクして、持っていてもどうしようもなければ買い取ってしましょう。もしかすると高価な着物かもしれないのに家に眠らせておいてももったいないだけなので、着物を見る目がある人に渡しましょう。

着物を捨てると縁起が悪い?

"この記事が気に入ったらシェアしよう"

-保管・収納

Copyright© 保存・保管ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.