家にあるモノを収納するコツを教えます

保存・保管ナビ

保管・収納

ネクタイを傷めない賢い収納・保管法|スッキリ・長持ちさせるコツ

更新日:

ネクタイの保管状態が悪いと、どうなる?

ネクタイは首に巻いて使用するものですが、人間の首周辺というのは、たくさんの汗が発生するところ。

Yシャツの上から巻くとはいえ、ネクタイにもたくさんの汗が染み込みます。

従ってネクタイを保管する際は、風通しの良い涼しいところにしないと、カビや雑菌が発生する原因となります。そうなるとイヤな臭いの元になりますし、最悪、変色の原因となってしまいます。

また他の衣類と同様、強い折り目をつけたり、極端に丸めた状態で保管すると、その形のクセが残ってしまいます。

そうなるといざ首に巻いたときに、見た目が曲がって非常にカッコ悪いことになりかねませんので、要注意です。

保管する前にやっておくべきお手入れ方法

ネクタイを使用すると、どうしても汗を吸って湿った状態になります。

その湿った状態のまま他のネクタイの同じ場所にギュウギュウ詰めで保管してしまうと、汗や雑菌が他のネクタイにもたちまち伝染してしまいます。

1日使用したネクタイはすぐに収納場所へしまうのではなく、ハンガーにつるして風通しの良い場所で丸1日ほど乾燥させることを強くおすすめします。

ネクタイのおすすめの保管方法

夏場の高湿になりがちな時期は、他の衣類と同様にどうしてもカビ発生などの恐れがあるため、保管場所には「水とりぞうさん」などの、クローゼット用の除湿グッズを設置することをおすすめします。

この方法はネクタイだけでなく、他の衣類の保管状態にも良い影響を与える(虫対策など)ので、大変おすすめです。

それでも高湿対策が不十分になってしまうご家庭の場合は、クローゼットに収納するのではなく、エアコンを使用している部屋にネクタイの保管場所を用意しましょう。

ホコリ対策的には条件は悪化するかもしれませんが、ネクタイを長持ちさせるためには湿度対策の方を優先するべきです。

その場合はエアコンの効き目がネクタイにも十分行き渡るように、風通しを良くすることを心がけてください。

ネクタイの収納、3つを紹介

平置き

平置きは特定の道具を使わず手軽に保管できるのがメリットではありますが、場所によっては空中に舞っていたホコリが降り積もってしまう恐れがあります。

次に使おうと思ってネクタイを持ち上げたら何やらホコリだらけ…というのは嫌なものですよね。

クローゼットなどの比較的狭い空間であればホコリの量は少なくなりますので、平置きの保管場所としておすすめです。

吊り下げ

つりさげは省スペースで保管することができ、個人的に最もおすすめの保管方法です。

しかしたくさんのネクタイをつりさげて保管すると、ネクタイ同士が押し付けられて思わぬところにシワが発生する原因となりますので、雑な片付けをしないよう日頃から心がけましょう。

100均には売ってませんが、ネクタイを独立して吊り下げて、スイッチ一つで回転ずしのレーンのように回ってネクタイが確認できるものもあります。

丸めて保管

丸めて保管する方法は、比較的省スペースなのがメリットですが、その日使用したネクタイをすぐ丸めてしまうと、形のクセが残る恐れがあります。

ネクタイ用の桐ケースなどもあり。一つ一つに仕切り板があって除湿対策には良いのですが、そもそも丸めてしまうとシワになりやすいのです。

使用後丸1日くらいは、ハンガーなどにつるして乾燥させ、その後丸めて保管するように習慣づけすると、ネクタイが長持ちするでしょう。

おすすめの収納グッズ

ネクタイをたくさんお持ちの方には、省スペースで簡単に使用できる収納グッズが不可欠でしょう。

私も使用していてオススメの収納グッズは、シンコハンガー社のネクタイハンガークロスという製品です。

忙しい朝、今日はどのネクタイにしようか?と悩むときに、お手持ちのネクタイのデザインを一目で見比べることができます。

増えすぎたネクタイは、どう断捨離する?

スーツでのオシャレに気を遣う方は、ついネクタイをたくさん買いすぎてしまうことでしょう。

増えすぎたネクタイを断捨離しようと決断したなら、お手持ちのネクタイを一度全て目の前に並べてみましょう。ネクタイというのは様々なデザインがありますが、購入したものをいざ並べてみると、意外と似たようなものを複数買ってしまっているものです。

そのような場合、状態の良いものを1つだけ残して、あとは捨てることにしましょう。

考えてみてください。似たようなデザインのネクタイを複数持って使用していたということは、周りの人から「あの人、いつも同じようなネクタイしてる」と思われていたかもしれません。

せっかくならネクタイを厳選して、オシャレにも磨きをかけましょう!スーツ同様、ビジネスで着用するネクタイもファッションの一部です。

季節ごとに入れ替えするのはもちろんですが、いつも同じ「服」を着ないように、適度に『衣替え』をすることをおすすめします。

消臭スプレーの使用に注意!

ネクタイには皮脂汚れだけでなく、食事や飲み会などでしみついた焼肉、たばこの臭いなどいろいろな「臭いの元」があります。

取集スプレーをサッと吹きかけるとよさそうに思えますが、まずはしっかりと除湿をして乾かして汗を逃がすことを優先させましょう。

汗がこもったままスプレーをしてしまうと、臭いと一緒に閉じこもる恐れがあり逆効果です。

高いネクタイと安いネクタイの違い

純粋に使っている生地の質が高く、ネクタイ自体に強度やハリがあるので、型崩れしにくいという特徴があります。

ただ、ブランドものだと中身は一般のネクタイと一緒というものもあります。

長持ちするネクタイの選び方としては、高くて丈夫なネクタイでノーブランドのものがオススメです。

"この記事が気に入ったらシェアしよう"

-保管・収納

Copyright© 保存・保管ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.