家にあるモノを収納するコツを教えます

保存・保管ナビ

捨てる

服の断捨離がなかなか進まない!後悔せず・迷わずに捨てるには?

更新日:

身の回りの物を片付けようと思った時、特に苦労するのが洋服ですよね。

溜まっていく洋服を上手に処分することができずに悩んでいませんか?

洋服の断捨離するコツや正しい捨て方などをまとめてみましたので、ぜひ参考にてみてくださいね。

1.服の数は1シーズン何枚くらいが理想?

洋服の処分は、なかなか決心がつかなくて難しいですよね。

「もしかしたらまた着ることがあるかも」「けっこう高かったからもったいないな…」とためらいがちに。

けれど1シーズン3カ月(90日分)として、ボトムス、トップスのインとアウトそれぞれ5枚ずつあれば実に125通りの組み合わせができるのです。

そう考えると今お持ちの洋服の数、多いと感じませんか?

そこまで極端に減らさないまでも、まずはご自宅のクローゼットにきちんと収まる量まで処分したり、ゆったりと掛けられるくらいにハンガーの本数を制限するなど、意識してみてはいかがでしょうか。

2.断捨離で服を処分するメリット・デメリット

メリット

■ 収納場所がスッキリする

衣類の断捨離で最も良い点といえるのではないでしょうか。

クローゼットに入りきらず外に置かれていたり、ギュウギュウ詰めで収納されていた洋服たちにゆったりとした空間が生まれるのです。

出し入れもとってもラクになりますね。

■ 洋服の管理がしやすくなる

余分な服を捨てて、必要な服だけが収納されている状態なので、コーディネートをすぐに決めることができます。

また、足りない服も簡単に判別できるため、必要な色やデザインの服を把握しやすくなるのです。

■ 無駄遣いしなくなる

断捨離することで物への執着から離れることができます。

自分にとって本当に必要かどうか慎重に判断するようになれるので、衝動買いをせずに済むのです。無駄な出費を抑えられ、節約にもつながります。

デメリット

(3つ×3行)

■ 捨てたことを後悔する

勢いで断捨離してみたものの、捨てたことを後悔してしまう場合もあります。

冷静に考えると再利用できたものや、買い直せないレアなものを処分してしまった…など。断捨離の前にルールを決めて仕分けすることで、後悔を最小限にできるかもしれません。

■ 断捨離リバウンド

断捨離の後にリバウンドしてしまうことはよくあります。

きれいに整ったことに満足してしまい、ご褒美として買い物してしまうのです。リバウンドを繰り返してしまっても、自信喪失しないように頑張りましょう。

■ ストレスのコントロールが難しい

断捨離は物欲と縁を切る作業なので、特に若い女性やおしゃれが好きな方にとって、非常にストレスとなることがあります。

買い物欲を抑えるために食欲に代わることも。うまくストレスをコントロールできるよう努力が必要になるでしょう。

3.断捨離が進まない時の対処法・考え方

あとから後悔しない?

過去に捨てたもので後悔したことがあるか?という質問に対してあるアンケート調査では、8割以上の方が「いいえ」と答えています。

思い切って捨てても大丈夫!これから断捨離される方にとっては心強い結果ですね。

思い入れがあって処分できない時は?

(3)

断捨離する上で「思い入れがあるから」という過去への想いは必要ありません。

判断基準はとにかく現在の自分!大切な想いは心のクローゼットにそっとしまっておきましょう。きっぱり処分してしまうことで心に想いが残ります。

もったいないという気持ちが、すぐ出てしまう

(3)

せっかく買ったのにもったいない…と思ってしまいがち。けれど手元に置いておいても結局使わないものかもしれません。

そんなときは「買い直せるものは捨てる」という考え方に切り替えましょう。あとで本当に必要なものだったのかが見えてきます。

お出かけや行事の際に困ることはない?

普段着に関しては洋服の枚数が少なくても組み合わせることができますが、冠婚葬祭など、特別な日のための洋服は必要です。

フォーマルウエアは飽きのこないシンプルな物を1セット持っておきたいですね。

また最近ではファッションレンタルサービスというのもありますので、それを利用するのもおすすめです。

痩せたら着られるかも…の洋服達

体形が変わって着られなくなった洋服、いつかまた着ることがあるかもと残してしまいがち。

けれど体形を戻すのには時間がかかることもありますし、痩せた時にはきっとまた新しい洋服が欲しくなるハズです。今あるものは処分しましょう。

4.スムーズに服を減らすコツ

(3つ×3行)

■ 似ている服は一つにする


ついつい似たような服を買ってしまう事ってありますよね。

ダブってしまった洋服は整理して、1つに絞って枚数を減らしていきましょう。これだけでずいぶんとスッキリすると思います。

■ インスピレーションも大事

洋服を買う時は、必ず何かにピンときて決めているはず。

その洋服を手に取ってみて、買った時の感覚が無くなっていれば、自分にとって魅力がなくなったのと同じです。直感的に必要かどうか感じ取ってみてください。

■ 1シーズン着なかったら捨てる

1シーズン着なかった洋服は、あればいつかは着ることがあるかもしれませんが、なくて困ることはありません。

どうしても思いきれない時は「2シーズン着なかったら」と少しハードルを下げてみてもいいですね。

5.管理人の体験談

最近はプチプラでも素敵な洋服が手に入るようになり、気づけばどんどん増えていく洋服。

衣装ケースの下の方から、いつ買ったかも忘れたような服がシワシワになって出てきたりして。いざ「生活の無駄」を無くそうと服の断捨離をしました。

かなりの量を処分したのですが、特に困ることはありません。

そうなんです。今まで必要以上に物を持っていたから別に困らないのです。

必要最低限のものでシンプルに生活することってとても気持ちが良い事に気づくことができました。みなさんも断捨離で気持ちをリフレッシュしてみませんか?

"この記事が気に入ったらシェアしよう"

-捨てる

Copyright© 保存・保管ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.