家にあるモノを収納するコツを教えます

保存・保管ナビ

保管・収納

フィギュアを劣化させずに保管するコツ|置き場所に困っている人も必見!

更新日:

フィギュアといっても、いろいろなものがあります。メタルフィギュアのような本格的なものだったり、人形のようなドールのものだったり。

反対に、お菓子のおまけについてくるような食玩・自販機フィギュアもあります。

大事にコレクションしたいフィギュア、果たしてどう保管すれば綺麗に長期保存できるのでしょうか。

フィギュアの正しい保管方法、気をつけたいことについてお話ししていきたいと思います!

1.フィギュアが劣化すると、どうなる?

日当たりのいい場所、直射日光があたる場所だと劣化するのがはやいです。

直射日光が当たる場所に置いたらどうなるかというと、洗濯物や日当たりのいい場所に置いた本をイメージしていただくとわかりやすいかと思いますが『色落ち』します。

また、長時間の密封状態にあるとフィギュアに含まれる可塑剤(かそざい)のせいで表面がベタベタになり、これも劣化に含まれると思います。

(可塑剤とは・・材料に柔軟性を与えたり、加工をしやすくするために使われるもの。)

保存方法にもよりますが、直射日光にあてず時々外の空気に触れさせることで10年以上もちます。

ただ、多少の色味が落ちてしまい新品の時同様、何年もたもつということは難しいです。

2.保管する前にやっておくべき手入れ

まず、直射日光が当たらない場所を確保します。

埃が被らないようにケースを購入します。

ケースは専用のものを購入するのが一番かも知れませんが、最近はダイソーなどの100均でも「ひな壇型」のものや「1つだけ保存できるもの」といろんな形のケースが販売されているので、気軽に購入することができます。

ケースが準備できたら、好きなように配置します。できるだけ熱のこもらない、風通しの良い場所がオススメです。風通しがよすぎるとフィギュアが倒れて破損しまうのでご注意ください。

ホコリや汚れをとる、お手入れ方法

ケースにいれていても、汚れはどうしてもついてしまうもの。こまめにケースから出してお手入れすることで、変色やべたつきを防ぐことができます。

洗濯することはできませんが、洗面器などフィギュア人形が入る容器に「ぬるま湯」を入れて、そこに薄めた中性洗剤を入れてやさしく押し洗いしましょう。

フィギュアは熱に弱いので、30度くらいのぬるいお湯(体感的には冷たいとぬるいの中間くらい)で洗いましょう。水だと皮脂などの脂汚れが落ちません。

劣化を防ぐためにも、こまめに洗ってしっかり乾かすことを心がけましょう。

3.保管の際の注意点

暑い場所に置いておくと、柔らかくなったり溶けてしまいます。

また、直射日光は避けてください。タバコを吸う方や、吸っているご家族がいらっしゃる方はフィギュアにヤニがつくと黄ばんだり変色の恐れがあるため気をつけてください。

あと、ペット、特に猫を飼っている方は要注意です。

猫は高い場所を好むため、人間の視点にあわせて高い場所にフィギュアを置くと猫が通ったときにケースごと倒されたり遊び道具と間違えて落としてしまうことがあります。

猫だけでなく地震が起きたときも同様に落ちてしまう可能性があるため、出来ればケースの棚を固定するのをお勧めします。

フィギュアが入っていた箱ですが、絶対に捨ててはいけません。万が一売ることになった場合、箱ありのものしか買い取ってくれない業者や、箱がないからと買取の値段を下げられることもあります。

ただ、かさばってしまうからと箱に入れたままだと可塑剤のせいでフィギュアがベタベタになってしまうため、注意が必要です。

4.フィギュアはどんな場所で保管することができる?

安心な保管場所は家だと思います。手入れをしやすく、また、いつでも眺めて鑑賞することが出来るからです。

数が多くなってしまったり、家族の反対でどうしてもフィギュアを置けないという方は、トランクルームを借りるのがいいと思います。

値段は月1000円台からと安く、全国各地にあります。

注意したいのが、空調設備のあるトランクルームでないと室内が高温になって溶けやすくなったり、湿度でカビてしまう可能性があることです。

5.フィギュアの保管におすすめのケース

金銭的に余裕がない方には100均のケースはオススメです!ひな壇型のもの、個別タイプのものと様々な種類があります。

我が家では手のひらサイズの小さなフィギュアを、ひな壇型のクリアケースに並べたり、キューブ型の透明なケースを購入して積み重ねたり様々な方法で保管しています。

金銭的に余裕がある方は、専門店でケースを購入するのが一番いいと思います。

大きめなフィギュア(20センチくらいあるもの)は、専門店で購入したケースを使用していますが、1000円程度から購入できるものが多いです。

個々に買うのが面倒ということであれば、本棚タイプの収納ケースで保存するのもいいと思います。

"この記事が気に入ったらシェアしよう"

-保管・収納

Copyright© 保存・保管ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.