家にあるモノを収納するコツを教えます

保存・保管ナビ

保管・収納

【主婦の知恵】布団の収納に関するお悩みもスッキリ解決!

更新日:

1.布団の保管状態が悪いと、考えられるデメリット・不便な点

夏や冬の季節の布団交換シーズンに布団を取り出すと、カビが発生してしまっていて再度のクリーニングや乾燥が必要になってしまいます。

それだけでは収まらず使用できない状態で臭いがきになり、シミがと取れなくなってしまう残念なことになりかねません。

布団に重さが加わり布団の出し入れの際に、湿気を多く含んでいると少々困難を感じます。

寝心地に関しても、折角の高い高機能の布団でもその効果が半減してしまったりするので保管状態は大切になってきます。

2.保管する前にやっておくべきお手入れ(洗濯など)

普段あまり使わない寝具は、押し入れやクローゼットに収納する前にしっかりお手入れしましょう。

すでに掛け布団、敷き布団にはカバーやシーツをかけているかと思いますが、それは布団本体を守るために必須です。

寝ている時にかく汗によって、布団の中に湿気がこもるので、押し入れで長期保存する前に少なくとも半日はベランダでふとんを日干ししましょう。

場合によっては、ふとん乾燥機を使うのも一つです。

3.おすすめの保管方法(私の実例)

ベットを使用の場合は、ベットクッション、布団の下にスノコを敷きカビ発生の防止ができます。

布団の際は、万年床にならないように毎日の布団の出し入れを心がけます。壁に直接触れるような入れ方はしないで、必ず布団の周りは空気が循環するように少し幅を開けておくと良いです。

毎日天日干をするのが理想的ですが現実的に難しい人もいらっしゃるでしょう。そんな方は、布団乾燥機を定期的に使用してカビやダニも防止できてフカフカの布団で寝ることができます。

防虫剤もなくてはならないアイテムです、たくさんあるので迷ってしまう方も多いでしょう。

布団に使用するので香りが無いものをおすすめします、押し入れ自体に防虫・防カビシートを張り、布団の間に防虫剤を入れると効果大で布団をカビから守ってくれます。

4.まだある、こんな場所での収納

布団収納棚などを使用してしまっていると、場所が取られてしまうので、なるべく整理整頓、コンパクトに心がけます。

収納に幅を取ってしまい置き場所にこまっているならば、布団収納袋に入れて保管すると出し入れも楽チンになります。

それでも、困ってしまうのなら布団圧縮袋が強い見方になってくれます。袋から空気を抜き取ればベシャンコになって通常の3/1くらいの幅で収納することができます。

ただし出し入れするのが手間なので、頻繁に使うのであればめんどくさくてやってられないかもしれません・・

棚の空きスペースに応じて布団のたたみ方をかえても問題ありません。クルクルとロールケーキのように細く丸めて立てておくというのも一つ。長い場所にも収納できることもできますよ。

理想は「おせんべい」のように平たく積み重ねるのですが、丸めるなど形状を工夫すればスペースの節約になったり、意外と取り出しやすかったりします。

5.使わない布団の長期保管の仕方

布団は簡単に捨てることもできず、段々増えていってきてしまうという方が多いのではないでしょうか。

そのため、長期押し入れに眠り続ける布団、使用しようと押し入れから出した時には、使い物にならなかったりってこともあります。

長期保存を旨く利用するには、押し入れが汚れていると布団を駄目にしてしまうのでホコリを取り除くことから心がけ、洗濯できる布団類は必ず洗ってから保管します。

保管する前には、必ず布団に湿気が残らないように乾燥させます。長期の場合は、できれば布団圧縮袋は避けた方がよいです。

理由としては、長期保管のため弾力が損なわれてしまう可能性大です。できれば、下にスノコを引いたり乾燥剤を布団の間、間に入れておきます。

こうする事によって、布団を湿気から守りカビ、ダニの防止ができ長期保管もできます。

とは言え、半年に一回は天日干しをしたりお手入れをすることが布団の寿命も延ばすことができるので実行することをお勧めします。

あまり綺麗に収めようとするほど、取り出すのも準備も大変になります。時短しながら、無理のない保管体勢を取ることがポイントです。

6.おすすめの布団収納グッズ

キャスター付きのラック

押し入れの下の段のデッドスペースを活用して、布団だけを取り出せるラックを使うのも一つです。

出したいときにキャスターでコロコロ取り出すことができて簡単です。

おしゃれな円筒型ケース

掛け布団であれば、くるくるロールケーキのように丸めて収納して、「大きい長方形のクッション」に変身させることができます。

ごろんとリビングで体をもたれてリラックスできますし、邪魔な布団がインテリアの一つに早変わりする、ナイスアイデアの一品です。

"この記事が気に入ったらシェアしよう"

-保管・収納

Copyright© 保存・保管ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.