家にあるモノを収納するコツを教えます

保存・保管ナビ

保管・収納

靴がたくさんある時の収納のコツ|しまうだけが収納じゃない!

更新日:

1.靴の保管状況が悪いと考えられるデメリット・不便な点

靴をダメにする原因は、汚れ・湿度・温度です。この条件が揃うと、靴の天敵であるカビが発生しやすくなります。

どんなに履いている時に気を付けていても、通気性の悪い下駄箱に靴を入れておくと、カビやそれによる色あせが起こってしまいます。

また、しまう前のメンテナンスを怠ると、買って間もない靴でもまだらなシミなどが出る事があります。

靴を綺麗に保管するためには、収納の環境と靴に合ったメンテナンスが必要になります。

2.保管する前にやっておくべきお手入れ方法

下駄箱は湿気が溜まりやすいので、時々開放して中の靴を出し、ホコリを取ってカビの生えにくい環境を作ります。

どの素材の靴もまずは土や汗の汚れを取り除きます。

靴専用のブラシを使って優しく汚れを落としておき、しまう少し前に日陰に干します。布製の洗える靴は、洗って乾かしておきます。

土は擦ると中に入っていくので、柔らかい歯ブラシなどで表面を撫でるように洗います。その後、革靴は革用のクリームを塗り、革以外のムートンブーツや布製の靴などは防水スプレーをかけます。

靴の中はシューキーパーがあれば使用し、なければ新聞紙など吸湿性のある物を詰めることで、湿気を取るだけでなく型崩れも防止できます。

これらは保管中の汚れを付きにくくする効果もあります。次に出して使う際も同じようにクリームや防水スプレーをかけます。こうすることで、靴の機能を維持するだけでなく、色あせからも守ってくれます。

特にオフシーズンで、夏物と冬物の入れ替えをするときは使わない靴の手入れはしっかりしましょう。靴をきれいにする、良いタイミングでもあります。

3.我が家の靴の収納方法(実例)

マンションや団地など、家族がたくさんいても玄関の収納スペースは比例しません。だからこそ家族の「収納ルール」を我が家では徹底しています。

スニーカーやサンダル、ブーツと男性と女性で多種多様な靴があるのが難しいところ。だからこそ、「自分が使えるスペース」を把握しておくことが大事だと考えたのです。

家族の人数と下駄箱の段数が同じなので、使えるスペースは1人1段と決めています。

入りきらないものを出しっぱなしにしておくと、私が捨てるのでみんな必死に考えてくれます。

子供や女性の靴は4足、男性用は3足入る大きさです。一番下の段に除湿剤を入れていますが、さらにすべての靴に脱臭炭のニオイとり紙を入れています。

これはロール状になっていますが、ミシン目で切って丸めて靴に入れるだけで湿気や臭いを取ってくれます。

通気性の問題から下駄箱の扉を外し、見せる収納にしたことで靴のメンテナンスをする頻度が増え、大切に履くようになりました。

使わないシーズンの靴や冠婚葬祭用の靴は、玄関横の部屋のクローゼットに入れています。

常時クローゼットは開けて、クローゼットのパイプにニトリの衣類用の吊り収納5段を下げて使っています。

1段ずつダンボールを敷き、3つ取り付けているので15足入ります。通気性が良くなり、靴の臭いが気にならなくなりました。

長靴など入らない分はクローゼットの上の棚に新聞紙を敷き入れています。

4.収納がどうしても入りきらない場合はどうすればいい?

靴が多いと管理が面倒になり、箱に入れて重ねてしまいますが、箱の中は湿気がたまりやすいので、下にある靴ほど状態が悪くなります。

靴の箱に入れて保管する場合は、乾燥剤を入れ、箱に靴の写真を貼って一目でわかるようにします。

箱に数カ所穴を開けるだけでも通気性が良くなります。

見せる場合は、パイプハンガーに吊り収納を下げて靴を入れたり、カラーボックスなどを仕切って入れます。

決められた収納にすることで、自分がどれだけ靴を持っているか把握することができ、靴が増えて部屋を圧迫することを防げます。

どの収納にしても、必ず日が当たらない風通しの良い場所に置くようにします。

5.おすすめの収納アイテム

ダイソーなどの100均などの収納グッズよりも、ニトリの衣類用の吊り収納がおすすめです。

クローゼットのパイプに吊すだけで、通気性の良い空間に靴を保管できます。玄関だけがシューズの収納場所ではありません。

オープンタイプの5段と6段、カバー付きの5段と6段があります。5段も6段も1段当たりの高さは13cm、大人の男性の靴が1足余裕を持って入る奥行きと高さがあります。

22㎝くらいまでの子供靴であれば、重ねずに1段に2足入れられます。

5段の一番下の段だけは高さ27cmとなっているので、女性のショートブーツやハイカットのシューズも入れられます。持っている靴に合わせて組み合わせられます。

カバー付きにすれば、来客などに見せたくない場合も隠すことが出来ます。すぐ取り出すことができるので、靴箱から探す時間も手間も省けます。

生地が柔らかいのと汚れ防止のため、ダンボールなどを敷いて使用すると安定します。

6.玄関に靴を出しっぱなしにするのは、風水上よくない?

靴が入りきらないからといって、靴を玄関に置きっぱなしにすると運気はさがります。

玄関は、気の入り口になっているので、その通路をふさいでしまうからです。

靴に限らず、余計な荷物や掃除道具も極力置かないようにしましょう。

7.いらないものを断捨離するコツ

今シーズン1,2回しか履いていないものは、ためらわずに処分してしまいましょう。

見た目がお気に入りでも、実際に服とのコーディネートがしにくい、など履かなくなるものはあるものです。

パーティー用、きれいめの靴であってもディスプレイ用の靴としてはいらないもの。

メルカリやヤフオクなどのフリマアプリに出すか、近所のリサイクルショップに売ることも一つです。

ブランド物、メーカー物のシューズなら専門の買取業者で査定してもらうのも一つ。

"この記事が気に入ったらシェアしよう"

-保管・収納

Copyright© 保存・保管ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.