家にあるモノを収納するコツを教えます

保存・保管ナビ

保管・収納

灯油の保管の仕方と注意点|来シーズンも安心して使うために

更新日:

1.灯油の寿命(消費期限)はどのくらい?期限を過ぎて使うとどうなる?

灯油は空気中の水分が混入したり酸化したりしてだんだんと変質していきます。

保管している容器などにもよりますが、一般的な灯油用ポリタンクなどであればだいたい1年くらいが目安でしょう。

一方金属製の密閉容器ならば数年は大丈夫と言われています。変質していないか確認するためにはその色を見て見ましょう。

透明ではなく色がついているようなら変質しているので使ってはいけません。

変質している灯油を使ってしまうと暖房器具の寿命を縮めてしまうばかりでなく不完全燃焼が起こりやすく一酸化炭素が発生する危険性があります。

2.保管状態が悪いと、どんな問題が起こる?

保管状態が悪いと灯油の変質が早くなってしまいます。

変質した灯油を使った場合の危険性は先にも述べましたね。非常に危険なので絶対にやめましょう。

では保管状態が悪いとはどういった状態でしょうか。もっともよくないのはポリタンクに入れた状態で日のあたる屋外に保管する方法です。

直射日光によりポリタンクが痛みますし、灯油の変質も早くなります。

直射日光で痛んだポリンタンクは最悪壊れて中身の灯油が漏れてしまいます。

灯油用のポリタンクは消防法で定められた基準に従って有る程度丈夫に作られていますが直射日光に晒すのはよくありません。

3.保管の際の注意点

灯油を保管するのに望ましい場所ですが、直射日光のあたらない屋内の冷暗所が望ましいです。

例えば屋根つきのガレージなどが望ましいですね。どうしても屋内に置かないといけない場合はポリタンク用のカバーなどをかけたりプラスチックボックスに入れたりして直射日光を避けましょう。

もちろん灯油は引火性の液体なので火を使う場所の近くには置かないようにしましょう。

また、ホームタンクと呼ばれる家庭用の灯油タンクを備えた家屋もあるでしょう。

そうした家庭ではその地域の治安にもよりますが盗難対策もしておいた方が無難です。ホームタンク用の南京錠セットなどはホームセンターなどでも購入できます。

また、よくあるのですが斜めにポリタンクのキャップをしめてしまうと密閉されずに思わぬ場所で漏れたりします。

キャップがきちんと締まっているかどうかを確かめるにはポリタンクをゆすって中の液体を揺らしてみてキャップからもれなければOKです。

あと灯油用のポリタンクのキャップを締めすぎたりすると壊れてしまいます。あまり力を入れて締めすぎないようにしましょう。

4.使わない灯油は、どんな場所で保管すればいい?

長期間使わない灯油は冷暗所で保管するのが望ましいです。

先程も述べましたがが屋根つきのガレージなどがいいと思います。灯油の匂いは非常に強く漏れてしまうと非常に臭いです。

漏れた場合を考えるとあまり生活空間に置きたくないのが本音ですよね。特に容器の要領を越えて保管するのはやめましょう。

灯油は温度変化によって膨張します。18リットルのポリタンクに20リットル入れる事は不可能ではありませんが温度変化によって噴き出したり容器を痛める可能性があります。

屋外で長期間保管する場合はポリタンクではなく金属製の容器で保管しましょう。

ホームセンターなどで売っている金属製の携行缶などを使うのが望ましいです。もちろん直射日光を避ける為にカバーなどをかけて保管するのが望ましいですね。

集合住宅のベランダなどで保管する場合はそうした保管方法をとるとよいでしょう。長く使わずに変質してしまった灯油はガソリンスタンドなどに持ち込んで処分してもらいましょう。

場所によっては無料で引き取ってくれる場所もあります。有料だと200円から400円くらいが相場でしょうか。

5.灯油が残ってしまった場合の対処法

石油ストーブの灯油が残ってしまったら、あまり大量であれば保存容器に戻しましょう。

漏斗などを使うと戻しやすいです。100円均一などでも購入できますが、自分でペットボトルを切るなどして自作する事もできます。

もしも残ってる灯油が少量であれば、そのまま石油ストーブのスイッチを入れて使いきってしまいましょう。

少量でも地面に撒いて捨てるなどは決してやめましょう。灯油をそうした捨て方をするのは不法投棄にあたり処罰される可能性もあります。

もちろんですがトイレやお風呂場などに流すのも絶対にやめてください。場合によっては消防が出動するおおごとに発展する可能性もあります。

6.灯油に関するあれこれ

灯油は危険物第四類の引火性液体に当たります。さらに灯油はその中の第2石油類に分類されています。

1000リットル以上の灯油を保管するにはそれにふさわしい施設や保管場所を用意した上で消防の許可と有資格者が必要になります。

一般家庭では1000リットル以上の灯油を保管する事はまずありませんので気にする必要はありません。

しかし、例えばいつも灯油を買っているホームセンターやガソリンスタンドなどでは必ず有資格者がいます。

また灯油の配送を頼んでいる方もいらっしゃるかと思います。そうした灯油を配送するタンクローリーを運転する人も有資格者でなくてはなりません。

灯油を扱うには危険物取扱者甲種、危険物取扱者乙4類、危険物取扱者丙種のいずれかが必要です。

ただし、危険物取扱者丙種だと自分で灯油を取り扱う事は出来ますが無資格者の指導監督は出来ません。

危険物乙4類や危険物取扱者甲種を持っていれば無資格者が灯油を給油する作業を指導監督する事が出来ます。

もしも灯油を売るようなホームセンターやガソリンスタンドでのお仕事を考えているなら危険物乙4類の資格をとるのが現実的でなおかつ実用性があるでしょう。

"この記事が気に入ったらシェアしよう"

-保管・収納

Copyright© 保存・保管ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.