家にあるモノを収納するコツを教えます

保存・保管ナビ

捨てる

正しいぬいぐるみの処分の仕方|捨てていい場合・ダメな場合

更新日:

大切にしてきたぬいぐるみも、いつかは処分しなければならない日がやってきます。

でも他のオモチャと違ってぬいぐるみは簡単にポイとは捨てられませんよね。

なるべく気持ちよくお別れできるように、ぬいぐるみの処分方法についてご紹介したいと思います。

1.ぬいぐるみに魂は宿っている?

「人形には魂が宿っている」と聞いたことがありませんか?目や鼻、口があればすべての人形に魂が宿ると昔から言われています。

ぬいぐるみや人形にもそれを作った人の想いが入り、そのぬいぐるみを贈る人の想いも込められるようです。そしてさらに贈られた持ち主の想いが入り、その「想い」が魂と呼ばれるものなのかもしれません。

名前をつけて長く愛着を持っていたぬいぐるみの処分は、供養した方が良い場合と、「ありがとう」の気持ちを込めて処分して良い場合、他の誰かに譲る場合などがあります。

ご自身にとって違和感のない方法を選ぶようにしましょう。

2.ぬいぐるみはゴミとして捨ててもいい?

捨てても問題ない場合

小さい頃から遊んでいたものや、子供だけでなく親側にも愛着があったりするとなかなか処分をためらってしまいますよね。

そのまま捨てたら呪われたりするんじゃないか…なんて考えたり。

けれどそれは迷信に過ぎず、実際はそのまま処分しても大丈夫です。気になる時には「捨て方」に配慮しましょう。

こんな場合は、捨てない方がいい

ぬいぐるみや人形を贈った人の気持ちが大切に込められているものに関しては、簡単に処分しない方が良いかもしれません。

例えば祖父母から孫へ健康祈願としてのプレゼントだったり、幸せを願った嫁入り道具の一つだったり。

ゴミとして処分するのは慎重に考えましょう。それから、霊感が強い人も安易に捨てない方が良さそうです。

捨てるとすれば、どうやって捨てる?

ぬいぐるみや人形を自宅で処分する場合、よく実践されている方法があります。

[aside type="normal"]
・ 一つ一つきちんと布や袋で包んで塩をまく
・ 人形に目隠しをして処分
・ お茶を飲ませてから処分
[/aside]

いずれにしてもきちんと「ありがとう」の気持ちを込めてお別れしましょうね。

3.ぬいぐるみ・人形を捨てられない時の対処法

感謝しても、お塩で清めても、やっぱりゴミにしたくない…なんとか捨てないで済む方法はない?という方に、いくつか方法がありますので参考になさってください。

供養してもらう

人形供養って何?

古くなった人形や、捨てられない人形を神社やお寺などで供養してもらうことを言います。

昔は仏さまへ子宝・安産の祈願をして、そのお礼に人形を奉納して供養していましたが、現在では人形を成仏させる意味でも人形供養がされているようです。

葬儀会社に頼む

最近では、葬儀会社でも人形供養が行われています。葬儀会社で読経した後に、お寺へ持ち込まれて炊き上げや処分がされるのが一般的です。

葬儀会社によって申し込みや供養の仕方か違いますので、問い合わせてみましょう。

お寺や神社に頼む

最も一般的な方法なのが、人形供養をしている最寄りの神社やお寺に人形を持ち込み、供養するものです。

お経を唱えた後、お炊き上げや処分をします。まずは家の近くに人形供養してもらえる所があるか確認してみましょう。

遺品整理業者に頼む

残された家族に迷惑がかからないよう、生前整理したい方にとっても、人形などの処分に困るケースがあります。

遺品整理業者にお願いすると、希望した人形を措定して供養してもらうことができるのです。

人に譲る・売る・寄付する

フリマやリサイクルショップに出す

あまり汚れていないものや、未使用の人形は、フリマに出店したり、リサイクルショップに持っていくのも良いですね。

このとき売値などは一切気にしないことです。想いはお金では買えませんから、感謝の気持ちを込めて手放しましょう!

ヤフオクやメルカリのアプリを使って出品

ネットを利用して出品するというのも一つ。ヤフオクやメルカリで出品すれば、希望価格を指定できますし、金額によって手放すかどうか判断できるのが良い所です。

ただし、使いこんだものや取れない汚れがあるようなものは販売は難しいかもしれません。

友人や知人に譲る

不要になったぬいぐるみを、欲しいと言ってくれる人が周りにいませんか?小さな子供がいる家などに声をかけてみると、案外喜ばれるかもしれません。

知っている人が使っていたものなら、もらう方も安心ですよね。

発展途上国に寄付(ワールドギフト)

「ワールドギフト」という国際社会支援推進会を通じて人形を寄付する、という方法もあります。

あなたの大切にしていたぬいぐるみが途上国に送られ、どこかの子供たちに喜んで使ってもらえたら、素敵だと思いませんか?

幼稚園や保育園に寄付

不要になったぬいぐるみをお住まいの地域に役立てたいとお考えの場合は、自治体の福祉課に問い合わせてみましょう。

保育園・幼稚園や児童施設などの要望に応じて送ってもらえます。

~ちなみに~

風水によると、寝室やベッドの上に大量のぬいぐるみを置くのは厳禁だとか。

キレイに見えてもダニやほこりが多いぬいぐるみは、運気を下げてしまう上に、良い運気も吸い取ってしまうようです。あまり増やさず、清潔に管理できる量のぬいぐるみを大切にしてくださいね。

"この記事が気に入ったらシェアしよう"

-捨てる

Copyright© 保存・保管ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.